保健師の問題点

保健師の問題点をここでは見ていきたいと思います。保健師というのは健康管理をして、健康のために人の役に立つというのが仕事ですが保健師の仕事は対象が赤ちゃんから高齢者を対象にしているのでとてもさまざまな人を対象にして仕事をするという点でとても重要な職業でもあります。保健師はいくつか問題を抱えながら仕事をしているということを知っているでしょうか。それは色々とあるのですが保健師の能力が人によって違いがあり差があるということが1点あげられます。保健師は人の健康管理をするのが仕事ですが、体の面だけでなく精神的なケアもしていかなくてはいけません。メンタル面のケアの場合には保健師の指導をしたとしてもカウンセリング能力は個人差が出てしまうのです。

 

そして保健師の仕事は多岐にわたっているのですが求人の数がとても少ないということにも、問題点があります。求人を探してみても仕事があるようでないのです。

 

産業保健師 求人があっても応募したらすぐにほかの人に決まってしまったとか、そういったことなどもあるかもしれませんから、保健師が抱えている問題点というのはそうした点にあるのではないでしょうか。今需要は高まりつつあるとは言われてますが、それでも求人が伴っていないのが現状でもっと事業所などでも保健師の雇用を増やすことなども課題になっていますので、これからまだまだこの保健師の問題点を解消することはできるのではないでしょうか。

更新履歴